IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」バランスの取れた「生きる力」を養う6ヵ年教育の私立中学・高校

Jhonan Shizuoka

城南静岡高等学校 城南静岡中学校

城南タイムス

インタビュー  ~渡邊咲さん(3年A組)編~

1月も中旬に入り、3年生は卒業までのカウントダウンがはじまりました。そこで新聞部では、3年A組の渡邊咲さんにインタビューしてきました。渡邊さんは「税理士試験簿記論」に本校では初となる高校生現役合格し、他にも日商簿記1級・全経簿記上級など数々の難関資格を取得しています。新聞やテレビなどでも取り上げられていますので、ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。渡邊さんは本校卒業後、中央大学商学部に進学されますが、その前に本校での3年間の思い出を語ってもらいました。

まず、難関検定の取得はどんなところが大変だったか、どんな努力をしたのかを伺いました。渡邊さんは「簿記が好きで、検定をとるための努力をすることは特につらくなかった!」と答えてくれました。・・・なるほど、好きこそものこそ上手なれということでしょうか。私達もまずは簿記を好きになる事から始めましょう!

 渡邊さんは「普通教科があまり得意ではなかった(本人談)」ようで、高校でゼロから始まる簿記を頑張ってみようと、簿記の勉強をはじめたそうです。いざ勉強をしてみると、簿記に惹かれていき・・魅了され、虜になってしまったそうです。簿記を好きなると、簿記もそれに答えてくれたそうです。将来の夢は公認会計士になることだと教えてくれました。

そんな渡邊さんの趣味はスノーボードです。冬休み中にもスノーボードをしたそうです。渡邊さんはとてもアクティブな面をお持ちです。インタビューで残された学校生活について質問をすると、夜遅くまで簿記を教えてくれた簿記部の田部先生・飯盛先生にはとても感謝していると話してくれました。渡邊さん、卒業後も本校に顔を出して元気な姿を見せて下さい!!