IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」バランスの取れた「生きる力」を養う6ヵ年教育の私立中学・高校

Jhonan Shizuoka

城南静岡高等学校 城南静岡中学校

城南タイムス

文化祭・城南まつり

 JOHNAN SHIZUOKA CULTURAL FESTIVAL 2015 

9月3日(木)、静岡市民文化会館中ホールにて、文化祭が開催されました。まず、今年で13回を数える三大祭(文化祭・城南まつり・体育祭)のテーマは「13(ひとみ)に結瞳(ゆめ)を」です。今年度は本校が改築工事で十分なスペースが確保できず、制限が多い中で文化祭と城南祭りがコラボレーションし企画されました。

文化祭のテーマは「不思議の国のアリス」です。「13(ひとみ)に結瞳(ゆめ)を」のテーマから「不思議の国のアリス」をもとにストーリーが考えられています。Disneyのアリスは、ふとしたことから迷い込んでしまった不思議の国で、奇妙な出会いをする話ですが、城南の不思議の国にはもっと深いメッセージが隠されていました・・・。

 

演劇部の舞台では、「アリス・イン・ワンダーランド」の映画を元に脚本が作られていました。衣装、演技それぞれに気合が入って、見どころがありました。衣装では、役に合わせた服装でしたので、演技ともども迫力を感じさせられました。不思議の国に迷い込んだアリス。夢から覚めたいのに覚めない夢・・・。見入ってしまうほど気持ちの入った演技を、見せてくださいました。また、見たいと感じさせてくれました。

 演劇 写真

  

有志パフォーマンスでは、6組のグループがとても素晴らしい迫力のあるダンスを披露してくれました。ブレイクダンスでは、カッコいい技を次々と繰り出してくれました。TEAM INTENSEは、ペンライトを使ったライトパフォーマンスをみせてくれました。城南時代では、たくさんの美少女たちが息の合ったダンスを見せてくれました。とても迫力あるダンスでした。

 

吹奏楽部の発表では、2014年に流行した曲を中心に紅蓮の弓矢など全7曲を披露しました。13人と人数は少ないものの迫力ある演奏をしてくれました。司会を務めた3人の曲紹介では、笑いが巻き起こりました。最後の流行歌を1曲にまとめたメドレーでは馴染みのある曲が登場し、手拍子などで観客とステージが一体となって盛り上がりました。

 吹奏楽部写真

 

得点発表では、旗コンテストとミスター&ミスコンの結果から赤組70、青組50、白組30点が、加算されました。エンディングでは、謎解きマスターからの挑戦状のキーワードの答えや、文化祭実行委員長の話などがあり、文化祭は幕を閉じました。1か月後には体育祭が開催されます