IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」バランスの取れた「生きる力」を養う6ヵ年教育の私立中学・高校

Jhonan Shizuoka

城南静岡高等学校 城南静岡中学校

城南タイムス

料理レシピアイディアコンテスト優秀作品賞

11月11日(水)に第5回 私立高校生の料理レシピ アイディアコンテスト」の優秀作品を味わう昼食会がホテルセンチュリー静岡で開かれました。コンテストは本県の特産品を使うのが条件で、県内私立校の生徒から多数の応募がある中、本校の3年A組の眞田幸奈さんが考案した「折戸なすを使った和風グラタン」が優秀作品賞を受賞し、当日の昼食会で披露されました。

新聞部では、優秀作品賞を受賞した眞田幸奈さんにお話を聴いてまいりました。以下は、眞田幸奈さんのコメントです。 

 私は、折戸なすを使った和風グラタンを考えました。今年は徳川家康公顕彰400年ということで、当時献上されていた折戸なすを使おうと思いました。このなすは、清水区三保折戸地区で栽培されているなすで、収穫量が少ないことから一時期は生産が途絶えてしまいました。しかし、2005年に国の研究機関から種を譲り受け、生産者やJA関係者の人たちにより、栽培が再開されました。折戸なすの特徴は、形が丸く、味が濃厚で、油との相性も良いため、今回はグラタンに合わせてみようと思いました。その他にも、静岡の特産物である黒はんぺんを使うことで、一般的なグラタンにはない食感を楽しむことができ、和風な味わいにすることができました。アクセントには、新しょうがを加え、こってりしすぎず、さっぱりと食べられるよう工夫をしました。静岡を盛り込み、静岡茶にぴったりなグラタンに仕上げることができました。

弁当 

さらに、門外不出のレシピまで教えていただくことができました!!

〈材料〉 2人前

☆・折戸なす  1コ

☆・ひき肉   100g

☆・黒はんぺん 2枚

☆・しいたけ  30g 2個くらい

 ・牛乳    90g

 ・チーズ   お好みの量

 ・新しょうが 40g

 ・小麦粉   10g

 ・かつおだし 大さじ1/

 ・めんつゆ  大さじ1

 

①なすを半分にきり、中身を繰り抜く。中身、皮ともに水につけておく。

②なす、黒はんぺん、しいたけ各1cmに切り炒める。

③火を止めて、小麦粉をまんべんなく混ぜる。

④牛乳・かつおだし・めんつゆを入れて中~弱で火を通す

※ワンポイント! 味噌を入れるとコクUP!

※だんだんとろみがついてくるので、それまではグルグル混ぜて下さい。

⑤水につけておいたなすの皮(カップ)に具をつめる。

⑥チーズをたっぷりのせて180℃のオーブンで10分。

⑦お好みの焼き加減で盛りつけて完成!!

 

今晩のおかずは「折戸なすを使った和風グラタン」に決まりです!!

DSCN3169