IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」バランスの取れた「生きる力」を養う6ヵ年教育の私立中学・高校

Jhonan Shizuoka

城南静岡高等学校 城南静岡中学校

城南タイムス

第1学期終業式

7月21日(金)に終業式がありました。

終業式では校長先生の話や一学期の表彰などがありました。式辞の中で、校長先生は次のような極楽と地獄の違いの話をしてくださいました。

2人の人が、煮えた鍋に向かい合い、与えられた長い箸で食べようとしています。地獄の人たちは箸が長くてうまくたべられません。一方、極楽の人たちは向かい合っている相手に食べさせ合うおかげで食べることができます。同じ状況でも、助け合うことの大切さを説いてくださいました。

さらに、今年の目標に、「時を守り、場を清め、礼を正す」をあげましたが、1学期が終わるに当たり、それを振り返られました。時を守ることについては、朝学習にもほぼみんな参加していて良かった。礼を正すについては、本校にいらっしゃるお客様が気持ちのいい挨拶に感心してくださっているという話がありました。ただ、場を清めるに関しては、まだ整理整頓ができていないように感じるという話がありました。場を清めるのは、お互いに対する思いやりでもあると語りかけてくださいました。

夏休み中、事故のないようにと呼びかけて、1学期の終業式は終了しました。

このあと、クラスに戻って、授業評価のアンケートを行い、成績表を受け取って、1学期が終わりました。