IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」バランスの取れた「生きる力」を養う6ヵ年教育の私立中学・高校

Jhonan Shizuoka

城南静岡高等学校 城南静岡中学校

まなびや

本校生徒がショッピングモールを運営

全国から注目を集める究極の実践型授業「まなびや」でICTビジネスのすべてを体験

2001年、本校の生徒が運営するオンラインショッピングモール「まなびや」は誕生しました。システム構築から営業活動までを高校生が運営する実践型授業によって、 生徒たちはICTビジネスのノウハウを着実に習得していきます。2013年から実施させる文部科学省の新学習指導要領には「電子商取引」が重要な項目として挙げられていることもあり、 本校は今、全国の教育機関から「ICT教育のトップランナー」として大きな注目を集めています。

「まなびや」の運営で身につく6つのビジネス「力」
  • 発想力

    商品情報が分かりやすい構成になっているか、など全員でチェックします。お客様が欲しくなるにはどんな表現がいいか考えたり、 新しい掲載商品やオリジナル商品について話したり発想力も磨かれます!

  • 交渉力・取材力

    企業へ説明に伺う面会のアポ取りからスタート。出店企業開拓には交渉力がものをいいます。面会が決定したら次は取材。 商品のポイント、込める思い、など魅力を伝えるためには深い取材力が必要です!

  • 
  • 想像力

    写真がキレイに写っていないと、なかなか『欲しい!』とは思ってもらえません。商品を魅力的に見せるには、 どの角度でどんな風に撮影し、どんな画像加工を施すとよいか、など想像力が試されます!

  • 情報処理能力

    お客様にとって魅力的なコンテンツであるためには、各ページへのアクセスのしやすさ、バランスのとれたデザイン力が不可欠。 Web製作ソフトも使いこなせなくてはいけないので情報処理力も大切です!

  • プレゼンテーション力

    多摩大学の『地域プロジェクト発表祭』にて招待発表を行い、大学生や教授の前で“まなびや”について報告しました。 15分という制限時間内で相手にものを伝えるにはプレゼンテーション力が重要です!

  • manabiya_h_11

    社長、営業部長をはじめ“まなびや”の役員を務める生徒たちと担当教員が行う会議。全員で企業情報を持ち寄ったり、 特集や連載ページの企画提案等を実施。サイトの急な修正に対応しなければならないこともあり、ビジネス現場の臨場感を味わえます。

  • manabiya_h_12

    各企業の担当者との打ち合わせを行い出店する商品などを決定。夏休みなどの長期休暇を利用して、東京や北海道などに出張することもあり、 社会人顔負けの働きぶりです。また、このような個別打ち合わせだけでなく、約40社の企業にお集りいただき、新規出店説明会を開催するこ ともあります。もちろん、出店のメリットなどをプレゼンするのは生徒たち自身。企業訪問前には内容や言葉遣いのチェックなど、生徒同士 で入念な下準備も忘れません。

  • manabiya_h_13

    商品が決定したら次は撮影と画像加工を。撮影では専門学校の講師の方から指導を受けることもあり、光の当て方で商品の写り方が大きくかわるなど、 プロの世界を学ぶこともできます。

  • manabiya_h_14

    ページのラフデザインを担当者が集まって検討。チェックとバージョンアップの繰り返しを経て、いよいよページが完成。 良いデザインにしたいという共通の思いがあるので、その分絆が深まっていきます。

  • manabiya_h_15

    商品販売・営業実績は、報告会を開催してアピール。また、新聞やテレビの取材を受け、プロモーション展開することもあり、普通の高校生ではできない体験が多数待っています。

まなびや