IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」のバランスが取れた「生きる力」を養う私立高等学校・中学校

城南静岡高等学校・中学校

MENU
学校概要
お知らせ受験情報から部活動の様子まで、各種最新情報をお届けします

【水泳部R4年度】浜名湾高校生選手権水泳競技大会に出場 東海大会の前哨戦で好記録

5月28・29日の両日、浜松市総合水泳場ToBiOにて第73回浜名湾高校生選手権水泳競技大会が開催され、本校水泳部からも27名の選手が出場した。東海4県から集まるこの大会は、7月に行われる東海総体の前哨戦でもあり、その年の各校の戦力を分析する大会にもなっている。昨年度はコロナ感染対策の関係で県外高校の出場が見送られたため、県総体の前哨戦であった。昨年度は女子が団体総合優勝を果たし、その勢いで県総体2連覇を達成することが出来た。

大会では、初日の女子800m自由形で髙遥香が自己記録を更新し2位入賞を果たした。髙は先月行われた日本選手権で自己記録を更新したばかりであり、今大会でも好調さを持続することが出来た。記録的にもインターハイで表彰台が十分狙えるまでの実力をつけてきている。200mバタフライに出場した高部穂波と200m平泳ぎに出場した柴本真衣は、この種目で唯一県内選手として決勝進出を果たし5位に入賞した。柴本は100m平泳ぎでも5位に入賞。また、400m個人メドレーに出場した兵藤茉羽も、1年生ながら5位入賞と大健闘した。その他にも、出場した本校選手の大半が自己記録を更新し、チーム力の強化が順調に進んでいることを実感できた試合であった。この後に控えるインターハイ予選にも気を抜くことなく、一層のレベルアップを図っていきたい。

今大会は入場者数に制限が設けられたが、久しぶりに有観客で大会が行われた。声を出す応援はできないが、保護者の拍手の応援が選手を大きく勇気づけてくれた。水泳部保護者会のご支援に感謝申し上げます。

 

800m自由形の表彰式でスタンドのチームメイトの拍手にこたえる髙。

最終学年の今年に懸ける高部(右)と柴本(左)。

両エースの活躍が今年の水泳部には欠かせない。

(写真撮影時のみマスクをはずしています)

1年生の兵藤(右)と髙(左)。

即戦力として、リレーでの活躍にも期待がかかる。

(写真撮影時のみマスクをはずしています)

優勝旗返還を行った女子キャプテンの佐藤真希。

優勝旗返還後に贈呈されたレプリカを持っての撮影。

体調面が完全ではない中、チームをしっかりとまとめてくれる。

純粋に競技に臨む姿には心打たれる。

(写真撮影時のみマスクをはずしています)

一覧へ