IT設備の整った学習環境で「知・徳・体」のバランスが取れた「生きる力」を養う私立高等学校・中学校

城南静岡高等学校・中学校

MENU
学校概要
お知らせ受験情報から部活動の様子まで、各種最新情報をお届けします

野球部 夏の大会一回戦(V.S 清水東高校)

16日(月)に城南静岡高校野球部は一回戦を迎えた。2日間、雨天順延をされてのことだ。

 

この日も朝から天気が悪く、30分遅れの午前9時30分にプレイボールであった。(先攻:清水東、後攻:城南静岡)

城南の先発は背番号1の深澤。立ち上がりを攻められ、初回に1失点をしたが、その裏、こちらも相手のエース・堀池投手を攻め、1番(一)工島(邦)が痛烈なセンター前ヒットで出塁し、その後、1死3塁のチャンスで3番(二)鈴木(税)の犠飛で同点とした。しかし、深澤が清水東打線を防ぎ切れずにその後も追加点を許し、4回途中4失点で伊東にスイッチした。

城南静岡の攻撃は、良いあたりをするものの、相手の守備の真正面への打球が多く、このまま清水東ペースのまま試合が進むと思われた。そんな矢先の5回裏、城南静岡は、3番鈴木(税)、4番(中)今枝とつないで、5番(遊)小室、6番(捕)南條の連続タイムリーで4ー4の同点に追いついた。

投げては伊東が圧巻のピッチングを披露する。7回表無死一、二塁、しかも、打席にはこの日あたっている3番打者という絶体絶命の大ピンチを迎えてしまう。ここで伊東は、ピッチングのギアをチェンジしたように、今まで以上の伸びのあるストレートで3番、4番、5番のクリーンナップから3者連続三振を奪う。(下の写真は力投した伊東)

伊東は、回を追うごとに良いピッチングをして、味方の援護を待った。しかし、中々点が入らずにとうとう延長戦に突入してしまう。そして、味方の援護が得られないまま迎えた延長11回表、二死一、二塁というピンチから外野手の頭を超える2点適時打を打たれ、ついに力尽きてしまい、結果も4-8(延長11回)で敗れてしまった…。

 

夏の大会は一発勝負だ。勝負の世界は真に厳しい。思い通りにならず、悔しかったかも知れない。しかし、春季大会で県大会初出場初勝利という城南静岡高校野球部の歴史を君たちは拓いてくれた。どうか、堂々と胸を張ってほしい。

(上は、試合後、練習場である地球環境史ミュージアムグラウンドでの3年生最後の集合写真)

とにかく、3年生お疲れ様でした。1,2年生よ、秋季大会は直ぐだぞ。ベストな状態で臨み、秋季大会で結果を出して先輩たちを追い抜こう!!

一覧へ